ハロウィンで仮装するのはなぜ?
ハロウィンとは言えば、仮装というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
ハロウィンでなぜ仮装するかというと、ハロウィンの起源となったケルト人の大晦日には、日本のお盆と同じように亡くなった人の魂がこの世に戻ってくる日とされていました。

しかし、恐ろしいことにその魂と一緒に悪霊もあの世からやってきたとのこと。
悪霊に見つかってしまうと魂を奪われてしまうため、人間だと覚られないようにお化けや悪魔の姿に扮し仲間のふりして、悪霊を追い払って難を逃れたそうです。
そのため、ハロウィンではゾンビや悪魔、魔女のようにちょっと怖い仮装が多いわけです。

それが現代ではハロウィン=仮装イベントとして流行し、いろいろなコスチュームを着て街を練り歩いたり、テーマパーク等のハロウィンイベントでは様々なコスプレをしている人を見かけます。

基本的に仮装はゾンビや魔女など悪霊ぽいものが中心で、コスプレと特殊メイクでゾンビ風にしている人が多いのがハロウィン仮装の特徴です。

最近ではゾンビ風以外にも、日本のサブカルチャーの影響でアニメキャラのコスプレやハリウッド映画などのコスプレなども増えています。
イベント色の強い日本のハロウィンは、普段はなかなか出来ない仮装をして多くの人と楽しむイベントになっています。

税込8000円以上のお買い上げで送料無料