ジャックオーランタンとは
ハロウィンでは仮装の他に、オレンジや黄色のかぼちゃで作られたのランタンを
よく見かけます。
これも仮装と同じく魔除けのためのものです。
このかぼちゃのランタンは魔除けのかがり火の役目をしています。ハロウィンとは秋の収穫を祝うことと悪霊を追い払うための儀式ですが、

この魔除けのかがり火をジャックオーランタンと言います。
日本語にすると「ジャックの提灯」という意味です。

ジャックとは人の名前で、このジャックに関する逸話はいくつかあります。
大よそどの話も、ジャックは卑怯で怠け者でずる賢く、死んだら地獄に
落ちるだろう人物だったようです。
このジャックが悪魔と遭遇し魂を取られそうになったとき、そのずる賢さで
自分が死んだら地獄に落とさないという誓約をさせました。
しかし、ジャックは現世で天国にいけるような行いをしていなかったので、
死後、天国には行けず、悪魔との誓約で地獄にも行けず暗闇をさまようように
なりました。

そんなジャックに悪魔が一つの明かりを渡しました。ジャックはそれをカブに
いれてランタンとして使い、暗闇を一人歩いたそうです。
この明かりがジャックオーランタン(ジャックの提灯)として語り継がれて
いるようでうす。
日本でも狐火などの不思議な灯の伝説はありますよね。

このジャックのランタンが、アメリカでハロウィンが大衆化されたときに
カブからオレンジや黄色のかぼちゃのランタンに変わり、それが流行して世界に
広まって現在のジャックオーランタンとして定着しました。

かぼちゃをくりぬいて目や鼻や口を付けて怖そうな顔にするのは、
魔除けの意味かそれともジャックのずる賢いジャックを表現しているのか。
最近では可愛い顔をした顔のランタンもあるので、その意味も薄れている
ように思います。

税込8000円以上のお買い上げで送料無料