ハロウィンパーティで盛り上がるゲーム3選

ハロウィンパーティを盛り上げるのに欠かせないゲーム。
ここでは、本当に盛り上げるハロウィンゲームをご紹介します。

マミーラップゲーム(ミイララップゲーム)

まずご紹介するのは大人も子供も盛り上がる「マミーラップゲーム」です。
マミーはミイラのことです。
トイレットペーパーを使ってミイラを作るスピードを競います。
【準備するモノ】
トイレットペーパー(チームの数だけ)

【ルール】
二人一組に分かれてチームを作ります。一人がミイラ役。一人がトイレットペーパーを巻く役です。

ミイラ役の人は立ったまま、胸の前で手をクロスして小さくなります。
巻く役の人はスタートの合図と共にトイレットペーパーをミイラ役の体に巻き付けていきます。
足首から首まで余すところなく巻いてください。
途中でトイレットペーパーが切れたら、そのチームは失格です。
トイレットペーパーがちぎれないように慎重に巻いていき、切らずに最初に巻き切ったチームが優勝です。

【おまけのゲーム】
ミイラ役の人が巻かれたトイレットペーパーを自力で破って脱出するゲームです。
北斗の拳で衣装を破るようにトイレットペッパーを破って脱出してください。
一番早く脱出できたチームの勝ちです。

単純なゲームですが、慎重さとスピードを競うのでチームの性格が出て非常に盛り上がります。



アップルボビング

本場アメリカでは有名なゲーム「アップルボビング」です。
ゲームはいたって簡単。
桶に水をはり、そこに複数のリンゴを浮かべます。そのリンゴを手を使わずに口でくわえて運ぶゲームです。
【準備するモノ】
リンゴ、桶、水
ですが、日本のリンゴは大きいのと結構な値段がするので、代替品としてプチトマトやなす、玉ねぎ、みかんなど、加えやすそうな小ぶりの果物や野菜などをチョイスするといいでしょう。

【ルール】
2人~3人一組のチームになります。
一組ずつ順番に3分でどれだけの果物や野菜を運べたかを競います。
まず一人が水に浮かんでいる果物や野菜をくわえます。それを次の人にリレーしていきます。もちろん次の人も口でその野菜をくわえます。

ゴールの桶に果物や野菜を運べたら得点です。
運ぶ難易度によって、果物や野菜に点数をつけるとより盛り上がります。

リレー形式ですると、盛り上がること間違いなしのゲームです。
リレーは恥ずかしいという人は一人ずつ運ぶゲームとしてお楽しみください。



ハロウィンアイランド

次に紹介するのは「ハロウィンアイランド」です。
ハロウィンで仮装した悪魔やゾンビ同志がお互いの島を奪い合うゲームです。
【準備するモノ】
新聞紙、番号札

【ルール】
二人一組でチームを組みます。(複数チームあった方が盛り上がります。)
床に新聞紙を一枚敷いてその上に二人が乗ります。

(1)司会者が番号札を引いてじゃんけんする対戦相手を選びます
(2)選ばれたチームの代表者がじゃんけんをします
(3)負けたチームの新聞紙を半分にちぎります

これを何度も繰り返します。
新聞紙からはみ出してしまったら、そのチームはそこで敗退です。
おんぶしても構いませんし、片足で立っても構いません。
最後まで勝ち残ったチームが優勝です。

ゲームの中盤にチャンスカードで、陣地(新聞紙)を増やす機会があると逆転があって盛り上がります。